医療機関の経営をするなら|開業医が準備するべきことを解説

背広の人

東洋医学を基に行なう

男性

柔道整復師の治療方法は、触診と視診によって損傷の状態が判断出来る事です。東洋医学に基づき、本来人間が持つ治癒力を利用して治療を行います。東洋医学に基づいた治療を行う柔道整復師の仕事は、高齢者の体にかける負担を最大に抑えられます。高齢化が進む日本で、柔道整復師の役割は期待される職業となるでしょう。そして今では、全国にたくさんの柔道整復師会があります。柔道整復師となり独立をし、開業をされた方をトータルでサポートしてくれる会もあります。また、柔道整復師会には保険請求を立て替え払いしてくれる会もあり、一言で柔道整復師会も会によりメリットは異なります。柔道整復師会へ加入する最大のメリットといえば、保険請求に関する事です。開業したすぐは、請求業務にも不慣れな方が多いです。万が一、保険請求時に不備があった場合、保険者に提出される前に柔道整復師会のチェックが入ります。万が一の不備があった場合でも柔道整復師会のチェックが入る事により、保険者からの信用を損なわずに済むのです。色々な場面で、柔道整復師会のサポートは心強いものとなります。治療費の請求業務に必要なレセコン(レセプトコンピューター)も柔道整復師会が提供してくれる場合が多いので、個人で開業する際に会に所属するメリットとなります。開業するにあたり、様々な困難がありますが、柔道整復師はとてもやり甲斐ある仕事です。地域に根ざし患者さんと深い信頼関係で結ばれてこそ治療も上手く行きます。